NEWS & TOPICS

フリープランナー応援サイトwecoに弊社代表のインタビュー記事が掲載されました


[お仕事をお探しの方・スクール・人材をお探しの企業の方]

[2012/6/14]

フリーウェディングプランナー応援サイト「weco」に
弊社代表のインタビュー記事が掲載されました。
当社はブライダルに特化した転職支援、人材派遣事業を主軸に全国の結婚式場やホテル、
ゲストハウス等での人材サポートを行うとともに、人材育成・教育事業として
ウエディングプランナーやドレススタイリストのスクールを開講し、優秀な人材育成にも努めています。

全国から様々な就職・転職相談を受ける中、
ホテルや式場、ゲストハウス等でのウエディングプランナー経験者から、
結婚や出産で一旦はブライダルの業界から離れたが、
何かしらの形でブライダルの仕事に携わりたいといった相談もあり、
その数は年々増加しています。

ウエディングプランナーの仕事は、
新郎新婦の人生最大の晴れ舞台をサポートをする重大な任務を請負い、
大変やりがいの大きい仕事です。
しかしその反面、深夜遅くまで残務処理に追われて労働時間が長くなったり、
休日が不規則になったりと、精神的にも肉体的にも厳しい仕事でもあります。

結婚、出産といった節目に、家庭と仕事の両立を考えて
ウエディングプランナーを退職せざるを得ない現状も少なからずあり、
まだまだ女性が永く務められる環境になっていないのが現実といえます。
しかし、それらの理由でブライダル業界をしばらく離れることになったプランナー達も、
ウエディングプランナーの仕事自体は大好きで、
チャンスさえあればまたブライダルの仕事をしたいと希望する方は多いのです。

結婚・出産という経験を持つプランナーは、花嫁さんにとっても女性の先輩として何かと頼れる存在です。

プランナーとしても女性としても経験豊富な元プランナーたちがブライダル業界に戻れないことは、
この業界にとっても大きな損失ではないでしょうか。

そうした方々がブライダル業界で再び活躍するために、
フリーのウエディングプランナーやコーディネーターといった仕事の形態は、
ある程度自分で仕事内容の調整が可能であり、
自分の可能な範囲で仕事を続けていきたい方にとっては、
助け舟となる新たなスタイルであると感じています。

企業側にとっても、経験豊富なプランナーと臨時的にでも提携できるメリットは大きく、
実際のところ実力のあるプランナーの慢性的な人材不足に悩む施設企業が増え、
フリーのプランナーに関する問い合わせも多くなっています。

今後、欧米のように、まずはどのプランナーに任せようか、
といった切り口からアプローチするお客様が増えていくはずです。

真のオリジナルウエディングを実現していくには、経験豊富で会場企業や関連企業との交渉力にも長けたレベルの高いフリーのウエディングプランナーやコーディネーターの存在が欠かせないと思います。

ブライダル・ヒューマン・ソリューションズ(株)代表取締役社長
小林 俊朗
関連するNEWS & TOPICS