スマホサイト

ブライダル業界コラム

ブライダル業界コラム

ブライダル求人の探し方(中途採用)

ブライダル業界に転職したい!と思っても、どうやって求人を探したら良いのか分からない。今回は、ブライダル求人の探し方や、その情報源の特徴についてお話し致します。

ネット求人媒体

「リクナビネクスト」、「マイナビ」などに代表されるネット上での求人媒体にも掲載されています。

各媒体によって、ブライダル系求人が比較的多く掲載されているものや、そうでないものもありますが、まずは一番オーソドックスな情報収集手段かと思います。

求人企業側は、媒体運営会社に広告料金をお支払いして、決められた期間掲載されます。掲載期間はさまざまですが、2週間や1カ月などが多いように思います。

注意点は、掲載が終了したからといって採用自体が終了した訳ではない点です。求人企業は例え採用ができなくても、期間が終了しましたら、掲載は終了してしまうだけですので、うっかり応募しそびれた場合などは、個別に求人企業に問い合わせなどしてみると良いかと思います。

企業採用ページ(ホームページ)

求人広告に掲載はしたものの、思うように採用できなかった場合でも、自社ホームページ内の採用ページには引き続き、求人掲載されている場合が多いものです。

また採用活動の予算があまり無い、といった会社や、緊急性がそう高くない場合などは、自社ホームページだけで採用活動をする場合もあります。

地道な作業にはなりますが、興味のある会社がありましたら、まずは企業採用ページを確認してみるのも良いかと思います。求人広告に掲載されていないような情報が満載のしっかりとした採用ページもたくさんありますので。

人材紹介会社への登録

転職支援をしてもらえる会社のことで、「人材紹介会社」「人材紹介エージェント」などと呼ばれます。登録後、人材紹介会社に出向き、カウンセラーと方と面談をして求人を紹介してもらえる流れが一般的です。

人材紹介会社には、あらゆる業界の求人を扱う会社もあれば、ブライダルに特化した人材紹介会社といった具合に、業界に特化した会社もあります。ブライダルに特化した転職支援会社もいくつかあります。

ネット求人広告には掲載されていないけれども、人材紹介会社に掘り出し物のブライダル求人があった、などといったケースもあります。

求人企業は、人材紹介会社に、求める人材の紹介を依頼しまして、人材紹介会社から求人企業に人材を紹介し、採用成立しましたら、採用企業から人材紹介会社に採用手数料が支払われます。求人企業サイドとしては、採用が決まるまで広告のように料金は発生しませんので、人材紹介会社だけに求人依頼をするような会社もあります。そうした理由で、人材紹介会社に「掘り出し物もの求人」がある、といったケースもある訳です。

まとめ

ブライダル求人は上手く探すことができない、といった声も時々頂きますが、昨今、どこのブライダル企業も、これは!と思う方は通年を通して採用活動を実際はしています。 ネット媒体、企業採用ホームページ、人材紹介、またはそれ以外の手段も含めて、ブライダル業界で仕事をしたい、といった熱意の高い方は、あらゆるルートから、情報収集をされておいた方が良いかと思います。

一覧に戻る


ページTOP